座席指定について知っておきたい知識

- 座席指定について知っておきたい知識

座席指定について知っておきたい知識

今や普通航空運賃を使って国内の旅行をすることはないでしょう。
一般的には早割と呼ばれる早期購入割引運賃を利用します。
購入するタイミングで激安料金・最安値料金をゲットできます。
プランによって、または航空会社・路線によっては座席を指定できたりします。
今回は【国内線の格安航空券を利用する場合に座席指定について知っておきたい知識】についてお話します。

どこの座席を選ぶといいの?

搭乗手続きの際には、自分の座席を選択できます。
窓の外の景色を楽しみたいならば窓側がベター。
しかしながら、お手洗いなどには出にくい物理的な問題があります。
フライトの時間が短いならばいいでしょうが、長い時間のフライトになるならば悩ましいところです。
飛行機に乗る前はトイレを済ませておくのが基本中の基本です。
通路側の座席は気楽にトイレに行けます。
ですが窓側の人が立ったときは体を小さくしなければならないことがあります。
座席指定に関する情報も公式サイトで確認できます。

予約と同時に、あるいは予約だけ済ませて改めて指定するなど都合のよいタイミングで座席を指定いただけます。
※予約済みの方は「座席指定に進む(予約確認)」ボタンからお進みください。

引用元:座席指定- JAL国内線

座席の前後の位置も違います。

前方のほうは出入りがスムーズです。
その代わりに落ち着かないデメリットもあります。
中程は翼の上になります。
窓側でも景色は見ることができません。
後方の座席は結構な揺れがあります。

座席によって、大雑把な特徴をしっていると座席指定する場合の参考になるでよう。

前がいいの?後がいいの?

前方の席であらば出入りが圧倒的に楽。
揺れも少ないので人気があるのは前方です。
だからファーストクラスもビジネスクラスも前方になっています。
後ろが快適であるとは言いづらいです。
だから料金が安い団体旅行のグループは後方の席にアサインされます。

後の席のメリットは窓側の席ならば翼に景色が遮られることがないのでキレイに見えることでしょう。
そして、最後尾のトイレに近い!ギャレーも近いのでドリンクは優先的に配ってもらえますかもしれません。
ですが、航空会社によってはドリンクは前方から配布することもあります。

バルクヘッド……非常口の座席や最前列の席ならば足が伸ばせて広々!

非常出口の席は前方にシートがありません。
足を伸ばせるのでラクラク。
人気の高いですから、格安航空チケットのLCCでも人気です。
別料金が追加でかかったりします。
ですが前方のシートがないのでシートポケットは使えません。
テーブルもやや使い勝手が悪いです。
緊急時には脱出の手伝いをしなければなりません。
逃げるのは最後になります。

いかがでしたでしょうか?

格安航空券のシートアサインするときには、今回の記事を参考にして選ぶといいでしょう。

▲PAGE TOP
Copyright(C)2017 お得な格安航空券を購入する時に気をつけるポイントとは? All Rights Reserved.