日本国内を旅するときに格安航空券はどのように使えばいいのか?

- 日本国内を旅するときに格安航空券はどのように使えばいいのか?

日本国内を旅するときに格安航空券はどのように使えばいいのか?

国内旅行をする場合、飛行機で旅行する場合は早割と呼ばれる格安航空チケットを使うことが一般的になってます。
出発日をズラしたり、フライト時間を調整することで激安・最安値料金で飛行機になることができあます。
早割は購入するタイミングによって割引できるのです。
今回は【日本国内を旅するときに格安航空券はどのように使えばいいのか?】についてお話します。

一般的な早割チケットを取り扱っているのは?

日本航空・全日空・スターフライヤーがメインです。
それぞれ早割という名前は使っていません。
全日空の登録商標だからです。
JAL航空券の早期購入割引は「先得」と呼ばれていて、SFJ航空券の早期購入割引は「SKYバーゲン」、ANA航空券の早期購入割引は「旅割」と呼ばれています。

搭乗手続きは難しくない

これまで飛行機に乗ったことがなければ難しそうに感じるかもしれませんが、心配は要りません。
ですが特別なルールもあります。
空港には飛行機が出発する予定時刻の1時間前には到着しておきたいです。
搭乗手続きの締め切り時刻が設定されています。
一般的には20分前から30分前頃です。
この時間までに航空会社のチェックインカウンターにいなければなりません。
チェックインが遅れると予約がキャンセルされることもあります。
その座席羽はキャンセル待ちをしている人たちに再販されます。
カウンターが混雑していることもあるので出発予定時刻の1時間前を目安にしておきましょう。
お得な格安航空券ですが購入する場合に注意したいことにも目を通しておきましょう。

空港に着いたら「出発ロビー」へ!

「搭乗手続き」とか「チェックイン」という表示があります。
そこに設置されている自動チェックインの機械でします。
もっとも簡単なものは予約したときに印刷したEチケットの控えのバーコードをかざす方法です。
もしくは、予約番号と名前を入力するやりかたもあります。
クレジットカードで決済した人はクレジットカードを自動チェックイン機に入れるとチケットが発券されるシステムです。
利用したクレジットカードは忘れないようにしましょう。

手荷物を預ける

チェックイン手続きが終わって搭乗券を貰ったら、手荷物を預けます。
大きな荷物がなければ、そのまま機内に持ち込んでもいいです。
持ち込みサイズは航空会社によって違います。
標準的には55×40×25(センチ)以内です。

いかがでしたでしょうか?

日本国内を旅するときに格安航空券はどのように使えばいいのかをご紹介しました。
手荷物も預けたら、保安検査に移動して搭乗ゲートに向かいます。

▲PAGE TOP
Copyright(C)2017 お得な格安航空券を購入する時に気をつけるポイントとは? All Rights Reserved.