どのように購入すればいいのか?

- どのように購入すればいいのか?

どのように購入すればいいのか?

格安航空チケットで私達になじみ深いものは早割でしょう。
早割は利用条件がいくつかあります。
今回は【格安航空券で日本を旅行する場合にどのように購入すればいいのか?】についてまとめておきましょう。
上手に利用するためには、早期購入割引がどのような仕組みになっているかを知っておく必要があるからです。
この条件を理解することが、購入術をマスターすることになります。

利用条件は航空会社でほぼ共通している!

早割を利用できる航空会社は3つあります。
ANA航空券の早期購入割引の「旅割」。
JAL航空券の早期購入割引「先得」。
SFJ航空券の早期購入割引「SKYバーゲン」。
これらの名前は聞いたことがあるでしょう。
一度ルールを理解しておけば、どこの航空券も余裕で利用できるようになるでしょう。

1番目は「購入期限が決まっている」条件です

例えば全日空ならば旅割になります。
運賃名称は、旅割X・旅割75・旅割55・旅割45・旅割28・旅割21と設定されています。
旅割Xはタイムセールで期間限定の運賃です。
旅割75ならば、予約・購入開始の日付から搭乗日の75日前までが予約期限になります。
旅割55ならば、搭乗日の55日前までの予約ができます。
購入期限は旅割Xの場合は予約日当日。
それ以外の旅割ならば、ご予約日を含めて2日以内に支払いをしなければなりません。
数字が大きいほうが先の日付の予約ができますし、割引率も高く最安値・激安の割引を狙えます。
同じ搭乗日でも、フライトの時間によっても料金が違います。
往路の場合は早朝便とか夕刻便になると現地滞在時間が少なくなるので割引率も高いです。
具体的にはオフィシャル・ウェブサイトで確認してください。
実際に購入できた後は気になる空港や機内での過ごし方について紹介します。

2番目は「予約の変更ができない」ことです

予約の変更ができず、購入したあとは取消料もかかります。
先ほどの全日空旅割の場合、航空券を購入したあと55日前までは取消手数料がかかりません。
しかし、払い戻し手数料がかかります。
1区間につき430円になっています。
つまり、55日前までならば、430円を支払えば、フライトの変更ができるということです。
ですが、搭乗日から55日前以降は取消率が高いです。
搭乗日の54日前からは、運賃の約30パーセントから100パーセントとキャンセル日によってペナルティーがかかります。

いかがでしたでしょうか?

格安航空券で日本を旅行する場合にどのように購入すればいいのかについては、購入期限とプランの理解をしておくことと、取消料金について理解しておくことは基本中の基本です。

▲PAGE TOP
Copyright(C)2017 お得な格安航空券を購入する時に気をつけるポイントとは? All Rights Reserved.