どのような支払い方法があるのか?Eチケットとは何?

- どのような支払い方法があるのか?Eチケットとは何?

どのような支払い方法があるのか?Eチケットとは何?

格安航空チケットを探すなら航空チケット比較サイトを利用すると便利です。
もっともポピュラーな購入方法は早割です。
早期購入割引を使うことで激安の最安値で航空券がゲットできます。
今回は【格安航空券を日本の国内で購入する場合にどのような支払い方法があるのか?Eチケットとは何?】についてご紹介します。

全日空を利用する場合を例にあげましょう

まずはANAのオフィシャル・ウェブサイトを利用する場合です。
クレジットカード・ANA SKYコイン・ネット振込が選べます。
コンビニエンスストアで支払う場合は会社によって違いがあります。
ローソン・ファミリーマート・ミニストップ・サークルKサンクスで支払う場合は、コンビニエンスストアに設置しているマルチメディア端末を利用します。
申込券や受付票を発行してレジに持って行って支払います。
セブンイレブンで支払いをする場合は、払込票を印刷します。
プリンターがない場合は13桁の払込票番号を控えて店舗に持参します。
スマートフォンなどの携帯電話で払込票番号を取得することも可能です。
デイリーヤマザキ・スリーエフ・ヤマザキデイリーストアで支払う場合は、決済番号を手持ちのプリンターで印刷。
店舗に持参します。
オンラインの決済番号は携帯電話で取得することも可能です。
セイコーマートで支払う場合は、店頭に設置しているマルチメディア端末「クラブステーション」で申込書を発行してレジにて支払います。
銀行で支払う場合は、銀行振込とPay-easy(ペイジー)ATM収納がご利用いただけます。
支払い方法が分かったところで、実際にどのように購入するのかも調べておきましょう。

Eチケットとは?

Eチケットは電子航空券で、簡単に言えば紙の航空券に掲載されている項目を航空会社のシステムで記録されているシステムです。
普通の紙の航空券は紛失してしまうリスクがあります。
Eチケットの場合は紛失しても大丈夫です。
これまでの紙の航空券は、予約した内容を紙の航空券に印字して発券していました。
ですが、Eチケットは航空会社のデータベースに予約情報を記録しています。
予約した人はEチケットお客様控えが発行されます。
航空券そのものではなくて、スケジュールを確認するものです。
これを当日、チェックインカウンターに持参すればOkです。
データベースから予約記録を読みとって搭乗手続きをすることができてとても便利です。

いかがでしたでしょうか?

格安航空券を予約しても簡単に支払いができます。
早割を使えるのはJAL航空券の早期購入割引は「先得」・ANA航空券の早期購入割引は「旅割」・SFJ航空券の早期購入割引は「SKYバーゲン」などの名称で販売されてます。
いろいろなルールがありますから、各オフィシャル・ウェブサイトを参考にしてオトクなプランを利用しましょう。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
▲PAGE TOP
Copyright(C)2017 お得な格安航空券を購入する時に気をつけるポイントとは? All Rights Reserved.