お得な格安航空券を購入する時に気をつけるポイントとは?

- 国内の格安航空券を購入する場合に注意しておきたいこと

更新情報

国内の格安航空券を購入する場合に注意しておきたいこと

テレビコマーシャルでも国内航空券のものが、頻繁に露出される時期があります。
その時期は1年に二回あります。
飛行機のダイヤが切りかわる2カ月前のタイミング。
1月と8月です。
国内旅行の格安航空チケットをゲットするタイミングがこの時期です。
特にピーク時に旅行するならば、発売日に手配しないととれません。
ここでは【国内の格安航空券を購入する場合に注意しておきたいこと】についてご紹介します。

LCCと同レベルの料金で飛行機に乗れる早割!

格安航空会社のLCCが日本に乗り入れして数年経ちます。
格安航空会社もいいですが、やっぱり日本航空とか全日空とかのほうが安心できます。
そこで、利用したいのが早割。
最大で7割ほどの割引率になります。
早期購入割引を使いましょう。

早割はどういった特徴があるのでしょうか?

「早割」は一般的に使われる名称ですが、実は全日空の登録商標。
それぞれの航空会社はオリジナルの呼び方をしています。
ANA航空券の早期購入割引は「旅割」です。
JAL航空券の早期購入割引は「先得」というネーミング。
SFJ航空券の早期購入割引は「SKYバーゲン」と呼ばれます。
注意したいのはPeach・ジェットスター・バニラエア・春秋航空日本などのLCCには早期割引がないことです。
こちらの格安航空会社は空席状況に合わせて運賃が変動します。
早期割引という何日前に購入すれば安くなるということとは違います。
そうは言っても、早ければ早いほど安くなる傾向はでています。
しかし、直前になるほうが激安になることもあります。
料金を見てショックを受けるかもしれません。
オフシーズンに旅行するならば格安航空会社LCCも考えていいでしょう。
けれども、安いと思っていても実際にはいろいろなオプションが追加されます。
例えば荷物料金です。そして、機内はとても狭いです。サービスも最低限度になっています。とても快適なフライトとは言えません。
早割の特徴は(1)航空チケットの購入期限が決まっていること(2)予約の変更ができないことです。
この二つを押さえておいて、問題がないならば、激安・最安値で手配できるでしょう。
実際に購入するときにはどのような支払い方法があるのか?と迷わないようにちゃんと調べておきましょう。
例えば、日本航空の「先得」ならば、4つのタイプがあります。
ウルトラ先得は75日前までの予約。
スーパー先得は55日前までの予約。
先得割引タイプBならば45日前までの予約・先得割引タイプAならば28日前までの予約ができます。
それぞれに購入開始日が設定されています。


いかがでしたでしょうか?

国内の格安航空券を購入する場合に注意しておきたいことの概要をご紹介しました。
早割の場合は航空チケットを購入しなければ、折角ピーク時の予約がとれても、席は落とされてしまうので注意しましょう。

▲PAGE TOP
Copyright(C)2017 お得な格安航空券を購入する時に気をつけるポイントとは? All Rights Reserved.